ひみつのビューティーパーク

2020年7月1日 更新

コーセーから今秋発売! 雪肌精の新シリーズ「クリアウェルネス」を使ってみました!!

和漢植物エキスをふんだんに使用した効能特化型のスキンケアシリーズとして、長年愛され続けてきた「雪肌精」。第1次自然化粧品ブームの最中である1985年に誕生してから今日までの35年間、性別や年代を超えた数多くのユーザーを透明感あふれる素肌へと導いてきました。そんな雪肌精が誕生35周年を機に、なんと初の全面リブランディングを実施。2020年9月16日に新シリーズを発売することを発表しました。今回は店頭に並ぶより一足先に雪肌精新シリーズの特徴や筆者が実際に使ってみて感じた使用感をご紹介します。

マーケットの移り変わりに合わせたリブランディング 多様なニーズに寄り添う

PR TIMES

和漢植物エキスを配合したスキンケア商品「雪肌精」は、1985年にコーセーより効能特化型スキンケアシリーズ内の1アイテムとして誕生しました。

発売当初は第1次自然化粧品ブームの真っただ中。「身体や肌の悪い部分を取り除く」という西洋医学ではなく、「継続的に使用することで体質から改善する」という東洋医学の考え方を取り入れて開発された雪肌精は、世代や性別を超えて多くのユーザーに長年愛されています。

当初から処方やパッケージデザインをほとんど変えることなくコーセーの看板商品へと成長し、今年の5月に35周年を迎えました。その人気は日本のみならず、現在世界16か国でブランドを展開。雪肌精の化粧水累計出荷本数は6,150 万本を突破しています。

しかし2020年現在、世界では地球温暖化や水質汚染などの環境問題が深刻化。人・地球・社会にやさしい商品を選ぶ「エシカル消費」や、原産地にこだわった「ナチュラルマーケット」が浸透しつつあります。こういった市場の移り変わりやユーザーのニーズに寄り添うため、雪肌精はブランド設立から初めて大きくリブランディングしたのです。

今後は「Gift from the Earth SEKKISEI Clarity ~地球からいただく 雪肌精 透明素肌~」をキーワードに、商品を展開。これまで通り和漢植物が叶える「雪肌精ならではの透明感ある雪肌」は押さえつつも、水・植物・食べもの・大地など、地球が育んださまざまな自然の力を商品に配合し、ユーザーに届けてくれます。加えて、環境に配慮したパッケージを採用することで、地球からいただいた恵みをまた地球へと還元するサイクルを強化しました。

PR TIMES

今回のリブランディングを機にブランドのメインロゴも一新。今まで親しまれてきた漢字からアルファベット表記へと生まれ変わりました。ブランドカラーも「Gift from the Earth」に伴い、地球色により近い「瑠璃色」を採用することでグローバルかつ存在感のあるブランドを表現しています。

透明感のある素肌を目指すすべての方へ向けた新シリーズ「クリアウェルネス」

PR TIMES

「透明感のある肌」と聞いて、皆さんならどのような様子を思い浮かべるでしょうか。シミ1つない白い肌でしょうか。それとも水分をたっぷりと蓄えたみずみずしい肌でしょうか。美しい肌である条件の1つとして「透明感があること」というポイントを挙げる方が少なくない一方、「透明感」というキーワードの明確な定義付けは難しいとされていました。透明感とはシミやニキビのように目で確認したり、しわのように手で触ったりしてもわからない、いわゆる雰囲気や印象を表す言葉だったのです。

明確な定義をもたない透明感を向上させることは困難を極めます。コーセーは「透明感」のパイオニアとして、なんとかアプローチ方法を見つけようと2013年頃から角層研究に力を注いできました。その結果、開発された独自成分が「ITOWA(イトワ)」です。国産植物から抽出されたITOWAは透明感に関わる肌のバリア機能を高め、潤いを守ります。継続して使用することによって、乾燥などの外部環境に左右されない健やかな肌に導いてくれるのです。

そんな透明感のある肌には欠かせないといっても過言ではない美容成分、ITOWAを全商品に配合した雪肌精新シリーズ「クリアウェルネス」がこの秋誕生。ユーザーの趣向に合わせてチョイスできるように効能タイプとフリータイプの2種類を展開予定です。

効能タイプ

PR TIMES

効能タイプはクレンジングミルク、洗顔石けん、化粧水、乳液、美容ジェルクリームをラインナップ。日本の大自然から生まれた独自成分ITOWAと、透明感をより加速させるクラリティブースト成分を配合しています。和漢植物をはじめとした植物由来成分を贅沢に詰め込み、潤いバリアの機能を高めることで肌荒れを防ぎ、環境トラブルにも負けない肌づくりを助けます。

画像左から

・雪肌精 クリアウェルネス フェイシャル ソープ(洗顔石けん) 100g

・雪肌精 クリアウェルネス ミルク クレンザー(クレンジング) 140g

・雪肌精 クリアウェルネス ナチュラル ドリップ(化粧水) 200ml

・雪肌精 クリアウェルネス スムージング ミルク(乳液) 140ml

・雪肌精 クリアウェルネス ハイドレイティング ジェル(美容ジェルクリーム) 90g

フリータイプ

PR TIMES

フリータイプはクレンジングジェル、泡洗顔料、化粧水、乳液、クリームをラインナップ。アルコールフリー、無香料、無着色、無鉱物油の全品低刺激処方で、肌にやさしい使い心地が特徴です。乾燥しがちな敏感肌にも負担が少なく、無理なく日々のスキンケアが行えます。もちろん自然由来の独自成分ITOWAを配合。穏やかな使用感で透明感のある肌へと導いてくれます。

※すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起きない、刺激感がないというわけではありません。

画像左から

・雪肌精 クリアウェルネス クレンジング ジェル(クレンジング) 140g

・雪肌精 クリアウェルネスジェントル ウォッシュ(泡洗顔) 160ml

・雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク(化粧水) 200ml

・雪肌精 クリアウェルネス リファイニング ミルク(乳液) 140ml

・雪肌精 クリアウェルネス ウォーター シールド クリーム(クリーム) 40g

トロッと感が魅力 雪肌精「クリアウェルネス」を使ってみた!

雪肌精 クリアウェルネス

2020年9月16日に発売を予定している雪肌精「クリアウェルネス」は、乾燥、肌荒れ、ニキビなど特に肌ゆらぎが激しい20~30代女性におすすめのスキンケアシリーズ。今回は特別に発売前のクリアウェルネスシリーズから、4つの商品を使用させていただきました!

雪肌精 クリアウェルネス ナチュラル ドリップ(効能タイプ・化粧水)

雪肌精 クリアウェルネス ナチュラル ドリップ

雪肌精のロングセラー商品でもある従来の化粧水は、どちらかというとさっぱりとした使い心地。しゃばしゃばとしたみずみずしい感触が特徴でした。

それに対しクリアウェルネス「ナチュラル ドリップ」はまろやかでしっとりとした使用感です。1回の使用量目安は500円玉1枚分。ボトルから手のひらに取るとトロッとした質感で、しばらくは肌の上にとどまります。でも手のひらで優しくプレスすると5~10秒程度でしっかりと肌の中に吸い込まれていきます。化粧水だけでも充分お肌が潤うのがわかりました。

刺激が強すぎない、やわらかく清潔感のある香りもうれしいポイントの1つ。スキンケアをしながら、ゆったりとリラックスできますよ。

雪肌精 クリアウェルネス ハイドレイティング ジェル(効能タイプ・美容ジェルクリーム)

雪肌精 クリアウェルネス ハイドレイティング ジェル

使用量目安はパール粒2個分。なめらかな質感のジェルで、浸透力が抜群でした。手で伸ばすだけでスッと浸透してくれて、塗った後のベタつき感も気になりません。感動したのは、ジェルの魅力でもあるその軽いつけ心地!厚塗り感がなく、でもしっかり保湿はしてくれるので夏場も重宝するアイテムです。

化粧品独特の強い香りがないので、においに敏感な方でも気兼ねなく使えそうです。

雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク(フリータイプ・化粧水)

雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク

ナチュラル ドリップよりも、さらにしっとりとした使用感の「ピュア コンク」。とてもやさしい使い心地で、本当に敏感肌へ配慮されてつくられたスキンケア商品だとわかります。

サラッとした質感ですがアルコール成分が含まれていないため揮発性がなく、保湿性がかなり高いので、塗布した後の肌はまるで潤いのベールで包まれているかのような感覚でした。使用量目安は500円玉1枚分。

無香料なので、においが苦手な方でも安心して試してみてくださいね。

雪肌精 クリアウェルネス リファイニング ミルク(フリータイプ・乳液)

雪肌精 クリアウェルネス リファイニング ミルク

100円玉大の量を手に取り、肌になじませるとスッと伸びていきます。サラッとした、まるで化粧水かと思うような軽い使い心地です。かといって保湿性の心配はなく、肌の潤いをしっかり保ってくれます。

同ラインの化粧水である「ピュア コンク」のしっとり感を計算したうえでの、あえての軽さかと思うので、ライン使いがおすすめです。

ビューティーパーク編集部のコスメコンシェルジュによるワンポイントアドバイス

新発売の雪肌精クリアウェルネスシリーズは保湿力に優れたアイテムです。その保湿力を十二分に発揮できるおすすめの使い方をご紹介します。

夏は冬と違って乾燥しないと思われがちですが、それは間違いです。夏はエアコンなどの空調の影響を受けやすく、肌の水分が不足しがちになってしまうのです。紫外線の影響もあり、知らないうちに肌へのダメージが蓄積されます。特に今年は新しい生活様式に欠かせないマスクの着用をする機会が多く、肌がこすれたり口元が蒸れたりと、今までになかった肌への影響も……

そんな肌の乾燥やダメージへのケアは保湿が大切です。コットンを使ったパックでたっぷり保湿することをおすすめします。化粧水を肌に叩き込むようになじませる方が多いですが、パッティングは肌へのダメージの一因にもなります。肌への浸透*も一定ですので、均一に保湿できるコットンパックでお肌をいたわってあげましょう。(*肌の角質層まで)

保湿不足の肌はメイクよれもしやすくなります。普段メイクをしていてよれが気になる部分や、マスクで擦れて荒れてしまった部分だけのポイント保湿にも最適です。コットンパックで化粧水が浸透した後は、水分が逃げださないように乳液を使ってしっかりカバーしてください。また、化粧水や乳液選びに悩みがちなオイリー肌の方にこそ使っていただきたいのが、美容ジェルクリームです。オイリー肌の原因の一つに乾燥が原因のインナードライがあることはあまり知られていません。このクリアウェルネスシリーズのジェルクリームは使用感がみずみずしく、べたつく心配がありませんので、オイリー肌の方でも気兼ねなくご利用いただけます。

全てのアイテムに配合されている、今回注目のコーセーの独自成分「ITOWA(イトワ)」が肌表面にうるおいバリアの量と質を上げ、透明感あふれる肌へと導いてくれます。暑さの厳しい残暑の季節に、ぜひコーセーの誇る新商品「雪肌精クリアウェルネスシリーズ」を使ってみてください。

透明素肌を叶えるスキンケア 雪肌精|KOSE

透明素肌を叶えるスキンケア 雪肌精|KOSE
透明素肌を叶えるスキンケア 雪肌精のブランドサイト。植物、食物、大地など地球からいただく成分を科学し、環境変化に負けない透明感のある肌へ導きます。

関連する記事

エイジング型を見極め、イプサのターゲットエフェクトで効率的にケア

イプサの新スキンケアアイテム「ターゲットエフェクト」の発表会がTABLOIDにて開催されました。今回ミレニアル世代へのアプローチを意識し、その世代が“効率的に攻略する”RPGゲームの世界観で新製品が表現されました。

影と光のコントラストとリバイバルカラーで魅せる、KANEBOの秋

8月29日、「KANEBO 2017AW新商品発表会」がアクトスクエアにて開催されました。KANEBOは2017年秋、小説家・谷崎潤一郎氏の「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」という随筆からイマジネーションを得て、“影が美しいと光が際立つ”メイクアップに着目。

ザ・ボディショップ、日本の抹茶から着想を得たフェイスマスク誕生!

ザ・ボディショップから日本のスーパーフード“抹茶”から着想を得たフェイスマスク「ジャパニーズ コンディショニングクリアリングマスク」が10月5日に発売されます。発売に伴い、ブランド初となるショーケースが八芳園にて開催されました。

MDNA SKINの心のゆらぎを調整するザ フィニシングクリーム

アンダーズ東京にてMDNA SKINの新製品「MDNA SKIN THE FINISHING CREAM 」の発表会が開催。新製品はMDNA SKINが独自提供されている高濃度M.T.PARCAを配合し、肌の細胞を沈静・修復・活性する超回復クリームです。

CHICCAの粉感0アイシャドウでまぶたを自分史上最高の美しさに!

「CHICCA 2017 Autumn Collection」がグランド ハイアット 東京にて開催されました。今秋のテーマは「NEW ROMANTICISM」。やわらかで深みのあるロマンティックな色彩を素肌のような質感でまとう、素肌美にこだわるCHICCAだからこそ生まれたモダンなコレクションです。
玉絵ゆきの | 3,141 view

この記事のキーワード